PAGE TOP

芸術家は悪魔じゃない

君が思う「船乗り」と、一般的に考えている「トルネード」は、もしかすると全然違っているのかも。そう考えてみると、なんだか変な感じがする。
TOPPAGE

風の無い仏滅の晩は立ちっぱなしで

昔から興味はあっても行ったことはない、しかし、昼間ではない動物園は、夜行性の動物がめっちゃ勢いがあって眺めていて満足できるらしい。
行ってみたかったけれど、夜の動物園は動物を観察しに行ったことがないけれど、子供がもうちょっと動物をこわがらないようになったら見に行ってみようと考えている。
もう少しだけ理解できるようになったら、絶対に、娘もはしゃいでくれるだろうから。
昼の動物園と隔たりのある感じを俺も家内も必ず楽しめると思うので見てみたい。

目を閉じて体操する母さんと暑い日差し
働き始めて間もないころ、無知なこともあって、大きなごたごたをひきおこしてしまった。
心配しなくていいと言ってくれたお客さんだが、感じの良い訂正の仕方も思いつかず、泣いてしまった。
お客さんが、タリーズのマキュアートをあげる、と言いながらくれた。
トチって2個も頼んじゃってさ、とニコニコしながら別の種類のドリンク2つ。
長身で、ひょろっとしていて、とても穏やかな顔つきをした良い人。
嬉しかったな、と思い返す。

寒い土曜の夕方はシャワーを

「嫌われ松の子一生」というタイトルのドラマが放送されていましたが、好きだった方もいたと思います。
私はというと、番組は見なかったのですが、女優の中谷美紀さんの主役で映画が公開されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量が悪いからでもありますが難しい環境にて生きながらも、心まで悲観的になりません。
松子以外から見れば、恵まれていないかもしれないけれど夢があります。
幸せをつかむことについて、貪欲なんです。
すごく、リスペクトを感じました。
自分だって幸せになる権利はあるのに、チャンスがやってくるといけない事のように感じる。
なんていう、よくわからない状態だった悩みを抱えていた私は映画の間、悩みなんか忘れていました。
それくらい、明るい映画なので、一押しです。
あと、中谷美紀さんは、音楽教師でも、中洲のソープ嬢でも、理容師でも、なんでもはまってました。

よく晴れた水曜の夕方は立ちっぱなしで
いつも、家で個人的に行えるような仕事して、忙しい時期など誘いがかかると外に仕事に出る。
たった、ひと月に何回が、まじで億劫に思えて仕方ない。
こんなに面倒なら辞めてしまおうなど。
一日が始まれば張り切るけど、大勢の社員にはさまれて、プロジェクトで業務をするのは気疲れする。
そう友人に話すと、言いたいことは分かるよ、と言って、豪快に笑っていた。

雨が上がった平日の夕方に窓から

集団検診は、いつもどこかしら引っかかる。
心臓だったり、数値だったり、胃だったり。
胃のレントゲンをバリウムを飲んで受けてみて、診断結果がくると、がんの疑惑があるので、大急ぎ、診断を下記の病院にて受けてください。
と書いてあったのには、あせった。
あせったそして、怖かった。
即刻人に聞いた病院に胃の再検査に原付で行ったら、結局のところ、胃炎だった。
胃はかねがねきりきりとしていたので、定期的な診断に引っ掛かったのはわかるが、文面で私の名前と胃がんの疑惑があると書いてあったらぞっとした。

自信を持ってお喋りする姉妹と横殴りの雪
石田衣良という作家さんに出会ったのは、愛ちゃんのマンションで。
愛がいない部屋というタイトルの短編がぎっしり詰まった小説が彼女の部屋に置かれていたから。
古里の新潟の母さんが読破して、それをお酒や果物と同時に送ってくれたらしい。
当時はまだまだ文学界で知れていなかった石田衣良。
愛ちゃんはもともと手記や自己啓発、雑誌などは買う。
逆に、俗に言う文庫本は読まないので、この本を私にプレゼントされた。
彼女のお母さんは、何を思いながら、この本を手に取ったのだろう。

泣きながら体操するあいつと紅葉の山

8月に、那覇まで仕事に行った。
土地柄とても暑い!
Vネックのカットソーの上から、スーツの上着。
汗まみれになりすぎて、上着のジャケットは大変なことに。
ビジネスホテルに到着して、仕方なく石鹸で綺麗にした。
翌日ジャケットはオレンジの香りがした。
ジャケットが汚くなるのではないかと心配したけれど、それでも洗わなきゃいけない心に決めていた。

雲の無い金曜の夜明けはひっそりと
中洲のクラブの女性を発見すると、プロ意識が高いなと思う。
というのは、キメキメのルックス、マナー、それらに対する努力。
お客に全て勘違いをさせないで、仕事だと思わせつつ、常連になってもらう。
ふと、もしかするとこのお姉さん、自分に気があるのかな?と思ってもらう。
このバランスのとり方が、どんな仕事よりも絶妙だ。
一番は、私は人気のホステスさんたちの給料が非常に知りたい。

汗をたらして話す兄弟と横殴りの雪

思ったよりただの布は安い物がない。
子が幼稚園に行くので、袋が入用なのとはいえ、以外と仕立てるために必要な布がばかにならなかった。
中でも、キャラクターものの生地なんて、ものすごく高い。
キティーちゃんやアンパンマンの布がとっても高い。
園から指定された大きさのの既成品を購入した方が早いし、安価だけど、しかし、地方なので、聞いてみたら、みんな、母親が縫ったものだし、近隣に売っていない。

泣きながら自転車をこぐあの子とわたし
江國香織さんの話に出てくる主人公は、陰と陽を持ち合わせていると思う。
旦那さん以外との恋愛を悪としない。
けれど、心底愛しているのは旦那様だけのたった一人。
そんな女性が多く見られるような気がしませんか。
不貞行為を陰だと考えれば、本命は陽。
たまに別人が入ったように陰が出てくる。
結婚以外での恋愛に関する善悪の定義は置いておいて、登場する女の人を研究する。
自分の中にもう一つの恋愛観や価値観が登場することもありえる。

Copyright (C) 2015 芸術家は悪魔じゃない All Rights Reserved.