ドル円

ドル円は、知っているようで、意外に分からないことがたくさんあるのです。意外と知らないドル円の知識を配信しています。

TOP PAGE

ドル円の為替相場での変動要因とは

ドル円

1ドル360円の固定相場だったのがかつての米ドルと日本円の為替相場です。
今は変動相場制に移行しているので、固定相場は廃止となっています。
根本的に為替相場の動きは、その通貨の需要と供給に影響されています。
ドル売り、ドル買い、円売り、円買いはいつもたくさんの企業が行っていますが、多くトータルで円を売ってドルを買いたい人がいれば、ドルが高騰し円安状態になるでしょう。
円高になると輸入が得になり、円安になると輸出が得になるといいます。
極端な円高も円安も、どちらがいいかといえば、国家経済としてはどちらもマイナスだといいます。
円高や円安にドル円が動いた場合には、ある程度為替相場をコントロールするために、政府が手を入れることがあるようです。
円買い介入を日本銀行がしたり、通貨政策などを行うのが政府の介入というものです。
政策的要因と言われる政府介入のほか、ドル円の為替変動は、経済的要因や需給関係で動いていきます。
それぞれの国の雇用統計、物価、貿易収支、経済成長率などの情報が大事になってくるのが、ドル円の推移を読む場合です。
他には、テロや戦争などがドル円相場に及ぼす影響があります。
例えばアメリカでテロや政情不安があればドル円のドルは弱まりました。
戦争がどこかの国で起こればドル高に推移するのは、外国為替市場でアメリカドルの需要が高まるのが理由です。

外国為替取引における為替相場とは

ドル円

外貨の交換比率が外国為替取引でどのくらいになるのかを表したのが、為替相場です。
通貨レートや為替レート、または単にレートという言い方もします。
今流通している貨幣を発行しているのは、各国の政府や中央銀行で、その国内で使用されているものです。
為替相場の比率が使われるのは、国外では使えない、あるいは使いづらい貨幣を相手国の通貨に交換しなければならない場合です。
貿易や資本移動など、現代では国境を越える取引が多く生じています。
大きな影響を国の経済に与えるといわれるのが、為替相場です。
1ドル100円というのが、よく目する日本における為替相場の表記です。
自国の通貨が外国通貨1単位に対して、いくらかを決めるのが、この自国通貨建てという考え方だそうです。
新聞やテレビでよく目に留まるのが、この書き方だといえるでしょう。
円安になった、円高になったという言い方になるのは、相対的に日本円の価値が安いか高いかということに左右されるものです。
1ドル90円の場合と、1ドル80円では、1ドル80円のほうが円の価値が高いことになります。
言い方が円の数字が減っているのに円高というものになるので、よくわからないという人も多いようです。
もし為替相場が円高になると物価が下がるなどの影響があるのは、海外からの原材料や輸入品の価格が低下するからです。

為替相場の変動要因

通貨取引は世界中で変動相場制となっているので、休むことなく為替相場は推移しているといえます。
投資スタイルの中には、為替の動きを利用して差益を得るというものも存在します。
為替相場は、何が要因となって変動しているのでしょうか。
いろいろと為替相場の変動には要因があります。
その中に金利というものがあります。
一般的には低金利通貨の国からは資金が流出し、高金利通貨へ流入すると言われています。
高金利通貨に投資をした方が有利になるためです。
インフレ率が高く、通貨価値が不安定なのが金利が高い国の特徴なので、短期的には高金利通貨が上向きに推移しやすいのですが、長期的には価値が低下していくことが多いようです。
もう一つ経済指標も為替相場の動きに影響を与えるものです。
この経済指標とは財政収支、経常収支、GDP、失業率などの指標を言います。
経常収支が日本国内で増加すると、円高になるのが為替相場です。
円が強くなるのは、収支が増大するからです。
同じようにGDP成長で為替相場に作用があるのは、その国の経済状態をGDPの伸び率が表しているからなのです。
この他にも為替相場は急に起こる事件などでも推移していきます。
政権交代や自然災害、戦争などです。
お金を持っている人や機関投資家がばく大な資金を動かして、為替変動によってもうけようとすることで、かなり相場に作用することもあるそうです。
しっかりと為替相場の変動要因を分かったうえで行えば、為替取引をするのに有利になるといえるでしょう。

ドル円の相場について

アメリカ合衆国のUSドルをドルという通貨単位が示しているのは、特に国の指定がない場合です。
貿易や資本などの為替取引に使われるのが、国際決済通貨としてのドルです。
とくに米ドルに対する円の相対価値となっているのが円相場で、ドルやユーロとの比較で示されることも多いようです。
ドル円の為替比率は、それぞれの通貨の需要と供給の関係で決定されます。
円とドルの需要と供給バランスが変われば、為替相場もドル円について動きがあります。
毎日のようにドル円のレートは動いているものなので、売り買いを良いタイミングで行ええば、為替差益で得をすることが可能です。
ニュースやテレビで出る円相場が示しているのは、銀行間の取引相場を表しています。
交換比率はドル円について、それぞれの銀行やFX会社が相場を基本として独自に決定した為替レートを基本に定められます。
ドル円の計算を為替レートからするには、割り算か掛け算をするとできます。
ドルを円に直す場合は、為替レートにドルを掛けます。
円をドルに直す場合は、円を為替レートで割ります。
相対的に円の価値がドルに対して高騰し、ここ何年かは円高傾向でしたが、やや円安になってきているのがここ最近の傾向です。
為替相場では最近エンの存在感が大きくなっており、外貨準備といえばドルが中心でしたが、最近は円を準備通貨とする需要も高まっているそうです。

為替相場での円高とドル円について

相手通貨の1円に対して交換できる単位数が相対的に高いことを指すのが円高と言われるものです。
ドル円の為替レートが、例えば1ドル100円の場合と1ドル90円の場合では、円高というのが1ドル90円の方です。
どうして為替の額が少ないのに、円高という言い方をするのか不思議に思う人もいるかもしれませんね。
しかし、同じ為替の円に対して、より多くのドルを手に入れることができるほうが、円の価値が高いと見なされます。
米ドルに限らず、通貨は国の地域や数だけ、世界にはユーロやポンドなどさまざまな通貨が流通しています。
でもほとんどの場合ドル円を引き合いに為替を判断するのは、外国為替市場は基軸通貨であるドルを中心に活動しているからです。
円高でドル円が推移しているほうが良いのは、海外旅行へ行く場合です。
ドル円が円高だとあまりたくさんの買い物ができなくなるのは、国外から日本へ旅行に来ている人たちです。
輸出面でいうと、国内の労働力などが円高になると他国に対して高くなり、競争力の低下の要因となりますが、海外からの購入においては得をするといえるでしょう。
2000年代に入ってからはサププライムローンやアメリカの財政問題などの関係でドル円の間の円高が進み、日本の製造業は深刻な影響を受けています。
輸入品と競合している産業、国内の輸出産業やその下請け会社は、円高になってしまうとマイナスなのです。
ドル円の為替相場の取引は円高不況という状態なのです。

ドル円の為替相場での変動要因とは

1ドル360円の固定相場だったのがかつての米ドルと日本円の為替相場です。
今は変動相場制に移行しているので、固定相場は廃止となっています。
根本的に為替相場の動きは、その通貨の需要と供給に影響されています。
ドル売り、ドル買い、円売り、円買いはいつもたくさんの企業が行っていますが、多くトータルで円を売ってドルを買いたい人がいれば、ドルが高騰し円安状態になるでしょう。
円高になると輸入が得になり、円安になると輸出が得になるといいます。
極端な円高も円安も、どちらがいいかといえば、国家経済としてはどちらもマイナスだといいます。
円高や円安にドル円が動いた場合には、ある程度為替相場をコントロールするために、政府が手を入れることがあるようです。
円買い介入を日本銀行がしたり、通貨政策などを行うのが政府の介入というものです。
政策的要因と言われる政府介入のほか、ドル円の為替変動は、経済的要因や需給関係で動いていきます。
それぞれの国の雇用統計、物価、貿易収支、経済成長率などの情報が大事になってくるのが、ドル円の推移を読む場合です。
他には、テロや戦争などがドル円相場に及ぼす影響があります。
例えばアメリカでテロや政情不安があればドル円のドルは弱まりました。
戦争がどこかの国で起こればドル高に推移するのは、外国為替市場でアメリカドルの需要が高まるのが理由です。

Copyright (C) 2018 初心者でも分かる外国為替取引の仕組み All Rights Reserved.

TOP
PAGE