為替介入

為替介入のことを詳しくご存知ですか?このHPでは為替介入のことを一杯配信するので、あなたの関心のある情報があるかもしれません。

TOP PAGE

為替介入とは

為替介入

テレビや新聞などで為替介入という用語を見たり聞いたりした方もいらっしゃるでしょう。
為替介入とは、具体的に何をすることなのでしょうか。
為替介入とは政府日銀などの通貨当局が外国為替市場で通貨の売買を行うことをいいます。
為替介入の目的は、為替レートや為替の動きに対して影響を行使することです。
為替相場が混乱して行き過ぎた円高水準になったとします。
政府日銀は円を売りドルを買うという手段をとります。
ドル買いすることで、円の売り需要が発生し相場は円安へと向かいます。
為替レートを円安方向に向けるための介入は円売り介入といいます。
反対に、行き過ぎた円安となった場合に行なう介入もあります。
ドル売り円買いの介入を行なうことで円買いの需要を増やし、為替を円高に誘導します。
日本は輸出大国なので円安時には企業の収益は基本的に上がり、円高時には下がることになります。
最近では、日本企業の中にも海外に生産拠点を持ったりするなどして円高対策を進めているところがあります。
以前よりも円高への対応力がついてきています。
想定以上の円高になると企業収益はマイナスになってしまいます。
日銀が行う為替介入は今までずっと円高時に行われてきたようです。

為替介入の効果

為替介入

為替介入とは、日銀などの当局が、通貨の売買を行なうことで外国為替市場に影響を与えることを言います。
ほとんどの場合、過度な円高を抑制するために円を売ってドルを買うことで円売り介入をします。
多くの場合は自国の通貨を守るために自国だけで行われることが多いのですが、時々複数の通貨当局が協議して同時に為替介入を行うことがあります。
アメリカの巨大な貿易赤字を減らすため、1985年に各国が協議して行なわれた協調介入などです。
発表翌日にはドル円レートが1ドル235円から約20円下落したそうです。
為替介入の規模はその時の為替レートや相場にもより変わります。
2003年から2004年にかけて日本は37兆円もの介入をしました。
1ドル103円台まで円高が進んだため、為替介入の効果が疑問視されることになりましたが、為替介入を行なっていなかったならばさらに急激な円高が進んでいたでしょう。
為替に介入しても相場を短期に変える力は無いとしても、長期的に見れば効果が上がるものと言えそうです。
為替介入にはいくつか種類があります。
単独介入は日本の通貨当局が単独に介入するものです。
委託介入とは、ある国の通貨当局が外国の通貨当局に委託して為替介入を行なうことを指しています。
協調介入というのは複数の通貨当局が協議のうえで行う為替介入です。
口先介入というのは政府などの要人が通貨のことに対して口先だけで介入することです。
日本以外の国では口先介入だけで相場が動くことが多いようです。
日本は構造的に円高になりやすい国なので、為替介入をして自国の通貨を守っているのです。

為替介入の仕組み

為替介入は日銀が行なうもので、自分の国の通貨を守るためのものですが、仕組みがどうなっているか知っているでしょうか。
日本では外国為替平衡操作とも言われることのある為替介入ですが、これは為替レートをコントロールするためのものです。
為替相場は毎日のように上がったり下がったりして変動しているものですが、異常な動きをしているときに過度な変化を防いで安定させることが目的です。
為替相場への介入については、日本では財務大臣がその是非を判断します。
財務大臣が日銀に指示を行ない、実際の取引その者は日銀が行ないます。
日銀介入をいう言葉をよく耳にしますが、実際には権限があるのは財務大臣なのです。
誤解されやすい言葉でもあるので注意したほうが良いでしょう。
為替介入をするための資金は、外国為替資金特別会計といって財務大臣が管理する政府のものが使われます。
日本銀行の持つお金ではなく、政府が持つお金で介入がなされているというところにも注意すべきです。
円を売ってドルを買う形で為替に介入する時には、政府短期証券の外国為替資金証券を発行することで資金を準備します。
外国為替資金証を無制限に発行するのは問題ですので、毎年の発行上限が制限されています。
実際の取引の内容ですが、ドル売り・円買い介入の場合には、外為会計の保有している手持ちのドルを売って円を買います。
現在、ドル買い・円売りの介入が注目を浴びています。
政府ならばどんどん円を刷り、円資金を無制限に調達してドルを買う原資にすることができそうです。
実際にはやりすぎると円高が進行して止まらない場合に損をしてしまうので、どんどんドルを買えば良いというわけではありません。
為替介入をするときには、どの程度まで許容するのか、購入したドルをどう運用するのかなど様々な課題があります。

為替介入のニュースについて

為替の値動きは、時事ニュースと大きく関わっています。
うまく相場の予測をするためには、常時ニュースでどんな情報がながれているか知っておくようにすることが大切です。
どんなニュースが為替の動きに影響を与えているのでしょう。
主なものに、為替介入のニュースがあります。
外国為替相場に対し、通貨当局が相場に影響を及ぼすことを目的として外国為替の売買を行うことをいうのが為替介入です。
為替介入が日本で実行される場合は財務大臣の権限においてということになります。
単独介入は東京市場に政府・日銀が自ら実施するもので、協調介入というのは他の国と話し合った上で同時に実施するものです。
外国為替平衡操作の実地状況というものから介入の金額や規模については見えてくるので、外務省が出すその情報をチェックしましょう。
実際に介入をせずとも政府高官や通貨当局などが為替介入の姿勢を見せることで、値動きを誘導しようとすることもあります。
介入するかもしれないという発言のみの効果を得る介入を口先介入といい、実際に介入をしないようです。
為替介入による値動きは大きなものになることが多いため、介入のニュースに投資家は敏感になります。
変動が自動的に緩和されることもあるのは、かなり値動きがあった時には介入の可能性があるからだそうです。
為替介入を、日本銀行は2004年4月以降実行していないようです。
ニュースによると、2003年から2004年にかけて実行された為替介入では、相場に思ったような影響を与えることができなかったということです。

要人発言のニュースと為替の値動きについて

為替の値動きを予想する時には、要人発言のニュースが重要になります。
各国の要人の発言は、為替相場に強い影響力があるためです。
日銀総裁やFRB議長、時には有力投資家の発言が、政治の首脳陣だけに限らず、為替相場に重大な影響があるといいます。
要人の発言はいつ、どんなことを言うか予想がつかないため、常にニュースに注意を払っておく必要があります。
統計学的なテクニカル分析などでの予測は、要人発言で相場が変わっている場合にはまず機能しないでしょう。
軽く突きぬけていくこともあるのが、チャート表から読みとれる下限や上限です。
ニュースの中でも特に気を付けたいニュースは、これまでと大きく要人の発言内容が変化したという場合です。
今まで円安を容認してきた要人が円安に否定的な発言をした時などが該当します。
景気の後退を示す発言や、インフレを心配する発言など、さまざまな種類の要人発言があるといいます。
これらの発言は、これから政府はどうするつもりか、どういう考え方をしているのかといった情報を反映しています。
ニュースとしていつも世界中に配信されているのが、要人の為替に対する影響がかなりある発言です。
とくに難しいのは、要人と言われる人物はだれか、どんな発言が為替の変動に関わってくるのか識別することです。
為替や景気の動きが読めるようになるので、大事なのは常時ニュースや新聞を見ておくことをおすすめします。

為替変動と経済指標のニュース

為替の値動きを予測するために役立つニュースに、経済指標があります。
経済や金融がどう動くかは、為替だけではなく家計管理や企業経営をする場合に大切なものです。
ニュースの中でも経済動向をみるために必要なのが経済指標だといえます。
経済指標とは、各国の政府や経済に関わる省庁が発表する経済に関する統計結果です。
今の各国経済の状態を知る上での大事なファクターで、為替の値動きにかなり響いてくるものなのです。
いつ経済指標が発表されるのかというのは、それぞれ決まっているといいます。
指標に関する政府のコメントや予測値やなどがニュースとして先に流れる場合もあるそうです。
特に機軸通貨を持ち、世界で最も旺盛な消費国家であるアメリカの経済指標のニュースは大きな影響力を持ちます。
もうひとつ大事なのは、FOMC(連邦公開市場委員会)の政策金利のニュースといって年に8回開催されるものと、失業率で毎月の第1木曜日か金曜日に発表されるものです。
大事なことは、前回より上がったか下がったかではなく、現在の予想とどれだけ差があるかです。
大きな値動きを引き起こしやすいのは落差が大きいニュースで、もう予想の分は為替レートに影響を受けているからです。
今大きいといわれているのが、アメリカの経済指標ニュースの作用です。
今後為替の見通しを立てるのに必要になるのは、中国や東南アジア、インドなどの経済発展に対応するような多様なニュースだといえるでしょう。

Copyright (C) 2018 初心者でも分かる外国為替取引の仕組み All Rights Reserved.

TOP
PAGE