為替レート

為替レートについて解説したサイトです。為替レートへ興味がある方、詳しく知りたい方にオススメのホームページです。

TOP PAGE

為替レートの推移

為替レート

常にレートが変動している為替相場ですが、為替レートの推移を知るには、月ごと、日ごと、分ごとなどのチャート表が用いられます。
為替レートは、どのような仕組みで推移しているものでしょうか。
外貨を取引するために互いの間で決める交換比率を、為替レートと呼びます。
為替レートを元に計算されるので、とても大切なものです。
為替レートというものは、世界経済の情勢やニュースなどの情報を元にしている為、24時間常に変動しています。
為替レートが変動することによって、外国為替の取引利益と言うものが生まれるわけです。
資金が五万円あった場合、1ドル100円でドルを買うという状況を考えます。
その後、為替レートが推移して1ドル120円になった場合、ドルに買えていたぶんを円に戻してみます。
最終的に手元に入るお金は6万円。
1万円の益が出た形になります。
為替レートですが、常に変動している為に買い手そして売り手は、為替レートの推移などを参考にするわけです。
為替レートの推移を見ただけで、将来的に為替がどうなるかを確実に予想できる人はいません。
為替レートの推移、取引先の国の情勢などを元に自分にとって利益になるのか、それとも損失になるのかを見極めるわけです。

為替レートの推移とチャート

為替レート

為替チャートは、為替レートがどのように推移しているかを可視化したものです。
為替レートの値動きをローソク足という長方形で表したものが、ローソク足チャートです。
為替チャートを見ることで、どのように為替レートが推移しているかを把握できます。
売り手と買い手の勢力関係や投資家たちの動きなどが反映されているものなので、推移表と共にチェックしなくてはいけないものです。
為替レートチャートは、為替レートの値動きを始値、高値、安値、終値の4つの値を使って1つの四角いローソクの形で表したものです。
ローソクには、上に伸びた上ヒゲや、下に伸びた下ヒゲなどといわれるものも表されています。
一時的に値が上がったけれど、すぐに下がった場合は長い上ひげになります。
下ひげが長く伸びている場合は、反対に一旦は下がった数字がまた上がっていることになります。
ローソク足チャートの分析手法は幾通りもあります。
チャートの見方を理解することによって、為替取引を能動的に行うことができます。
為替レートの推移やチャートの見方を勉強する時に便利なのが、推移した時にあった経済情勢などを一緒に確認する事です。
近年で言えばリーマンショック前後の為替レートの推移やチャートなどです。
為替レートの推移と経済情勢が綿密につながっていることがわかりますので、時間があるときでもしてみるとよいでしょう。

為替レートの推移と政治

近年あった衆議院の解散と総選挙など、政治的な動向が引き金となって為替レートが大幅に推移したことがあります。
為替レートは、総選挙後に大幅に上昇しました。
この頃はその上昇もストップし、しばらく横ばいでしたが、今は円安方向です。
上昇局面がしばらく続けば、以後は下降するのではないかと思われがちですが、そう簡単なものではありません。
特に政治関係での上昇、下落というのは難しいものです。
衆院解散の後には、選挙があったり新しい政治的改革などや新しい法案など、政治的局面が変わりがちになります。
国の情勢も不安定になる事が多いでしょう。
先行き不透明だと、為替レートは保ち合い局面に入ることも少なくありません。
わずかな上下推移をしつつ、均衡が取れているように見えます。
為替レートの推移に影響を与えるのは、国内の政治情勢だけではありません。
アメリカの大統領選、ユーロ安、中国や韓国との関係も関わりがあります。
どの国の通貨との為替レートを見るか、ドル円か、ユーロ円か、ウォン円かなどでも見るべき情報は変わります。
関係通貨の政治的情勢というものは必ず関係するものですから、為替レートの推移など様子を見ることが大切です。
リーマンショック以来、世界的に金融不安になっています。
ひとつの国のした事が、他の国に影響する事は、多々考えられます。
為替レートの推移は金融不安の影響もきっちりと受けていますので、これからは動向をしっかりと確認することが必要です。

為替を利用した取引

為替とは離れた地域に現金を輸送する手段として、手形や小切手などの信用手段を用いるものをいいますが投資に利用する人がいます。
決済が行われる地域がどこになるのかで外国為替と国内為替に分類されます。
外国為替を普通使うのは、為替レートの変動を利用して行う為替レートを使った投資です。
自国通貨と外国通貨の交換比率のことを指すのが為替レートです。
いつもレートは変化しており、差額の部分で利益を得ることが外貨交換のタイミングよっては可能です。
例をあげると1ドル100円のときに、為替に投資したとします。
100万円投資した金額だった場合には、1万ドルが自分のところにあるという計算です。
1ドル110円の時に円に交換すれば、110万円が手に入ります。
差額の10万円が、為替投資の利益ということになります。
FXのというこの外貨為替の仕組みを使った取引をしている人がこの頃たくさんいるようです。
外国為替証拠金取引の略がFXで、証拠金をFX業者に預けることで投資が可能になるのが、実際の資金の何倍もの金額だといいます。
安い手数料で為替の変動がベストなタイミングを狙えば、大きな利益を少ない資金で手にすることも不可能ではありません。
デモ取引としてバーチャルFXを少しの間行えば、FXをやったことが無い人でも簡単にコツをつかむことができるでしょう。
効率よい取引を為替を利用することで行いましょう。

FX取引のメリット

為替の差額を利用して投資利益を得るという、FX取引を行う人は増えています。
少ない投資でかなりの利益を得ることも、レバレッジという構造があることから可能であることが何よりのFXの魅力ではないでしょうか。
投資でたくさん儲けを出すためには、基本的には投資する金額が多くなければならないといえます。
本来の考え方では、為替の動きを活用して投資を行うのであれば変動する値はとても少ないので、たくさんの金額を投資しなければ利益得られないとされていました。
レバレッジというシステム活用すれば、FXでは自分のもっているお金の何倍もの投資をすることができます。
レバレッジ10倍の取引をFXで行えば、差額による利益は10倍になるのです。
大抵の投資は安いうちに買い、高くなったら売却するという方法を取ります。
差額で利益を得る方法というのは、土地でも家でも購入は安いときにし、値が上がったら売というものしかありません。
為替による信用取引を行っているFXの場合には、実際とは逆の高いときに売り安くなったら買うという取引をすることができます。
FXのメリットは他にも、24時間いつでも為替取引が可能なことがあります。
ネット取引は1年中休みがありませんし、為替市場はどんな時間でも市場がどこか開いています。
どんなに朝早くても夜遅くても、為替FXなら自分の空いている時間を活用して取引をすることができます。

FX取引のデメリット

FXは魅力的な為替投資ですが、メリットと同時にデメリットもあります。
リスクをしっかり把握した上でFXの取引をすることが大事です。
実はFXは損失がでる恐れもあるもので、為替の推移によって差益を得るものなので当然といえば当然です。
外貨を扱う金融商品はみんな為替変動によって損失がでる場合があるのは同じです。
レバレッジをきかせているFXは、その分損失が出てしまった場合大きな余波になるといえます。
大きなレバレッジの投資をしていたとき、自分の狙った通りに相場が推移すれば、かなりの為替差益を得ることが可能です。
反対に予想していない動きを相場がした場合には、何十万円もの投資金が一瞬で消えてしまうこともあるようです。
FXによる外貨取引をしていると、金利が変動するというリスクがあります。
政治、経済、金融情勢が二国間でどうなっているかによって変化するのが金利というものです。
投資の計画がかなり狂ってしまうことも、予定外のタイミングで金利変動が起こることによってあるでしょう。
インターネットを使ってオンライン取引をしていることによる危険性というものもあるようです。
為替レートがきちんと表示されなかったり、投資がうまくいかなかったりすることが、システム障害や通信障害によってあるからです。
投資で思ってもみなかった損を、為替売買注文のほんの少しの入力の間違いによってすることもあるそうです。

Copyright (C) 2018 初心者でも分かる外国為替取引の仕組み All Rights Reserved.

TOP
PAGE